FC2ブログ

みんなのチューニング生活を応援します!!

 

エンドレスの車遊び応援BLOG

02< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>04
03月の記事一覧
Posted on 23:32:51 «Edit»
2011
03/15
Tue
東北地方太平洋沖地震の被害にあわれた皆様へ

3月11日の宮城県三陸沖を震源とした「東北地方太平洋沖地震」におきまして、 被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

犠牲になられた方々と ご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。

改めて被災地におかれましては、一日も早く普段の生活に戻れますよう、 皆様のご無事を心よりお祈り申し上げます。


                                             有限会社エンドレス
スポンサーサイト



トラックバック: (0)    コメント: (0)
Posted on 13:53:14 «Edit»
2011
03/15
Tue
カテゴリ:チューニング

HCR32 タイミングベルト交換+α 

画像 090
このお客様は去年からサーキットを走ってくれているお客様です

今回は走行距離が20万キロ近く走っているので2回目のタイミングベルト交換です!Σ(・ロ・;)スゲッ!

画像 095
タイベルを外さないとウォーターポンプが換えられないので、ついでに交換しちゃいます

画像 097
2回目のタイベル交換なので一応ベアリング関係も新品に交換してベルトを張れば終了です

4月17日も走りましょーね
トラックバック: (0)    コメント: (0)
Posted on 13:38:56 «Edit»
2011
03/15
Tue
カテゴリ:チューニング

BNR32 ブレーキマスター オイル漏れ 

画像 085
このお客様もかなり長いお付き合いをしていただいています!

今回はブレーキマスターからのオイル漏れで入庫されました。

画像 086
このBNR32の黒いフタのブレーキマスターは初期物で必ずと言っていいほどオイル漏れします・・・

ほとんどのR32は黄色いフタの対策品に換わっているので、今までよく漏れなかったなぁと思うぐらいです

画像 087
どうせ換えるならという事で、大容量タイプに変更です

画像 088
これからも大事に乗ってあげてください
トラックバック: (0)    コメント: (0)
Posted on 13:25:23 «Edit»
2011
03/15
Tue
カテゴリ:チューニング

ステージア 260RS カム交換+α 

画像 098

エンドレスでエンジンオーバーホールやタービン交換などしていただいているお客様です!

今回はカム交換と燃料関係を強化されました

画像 080
今回使用するカムはIN、EX共にHKSの272度のカムです。

画像 082
RB系はカムのオイルシールが弱点で漏れやすいので、ついでに新品に交換します。

画像 081
調整式のカムスプロケでバルタイ調整もしました。

画像 083 画像 084
インジェクターは550ccに交換、デリバリーもサードの大容量品に交換です。

画像 099
レギュレーターもノーマルでは容量不足ですので、こちらも大容量品に交換しました。

燃料がいっぱい出せるようになっても、送る燃圧が足りなければ元も子もないので、燃料ポンプも交換します。
画像 092
燃料タンクは応急タイヤ下にあるので荷台のパネルを外します。

画像 093
年式的にはR33なんですけど、なぜかほぼBNR32と同じような構造になっています。

画像 094
取り付けるポンプはRH9製です。

消費電力が少なく小型になっています!

画像 100
後はセッティングをして終了です

トルクも太くなり、ご希望通りのチューニングサウンドになってご満足されたようです


トラックバック: (0)    コメント: (0)
Posted on 12:53:24 «Edit»
2011
03/15
Tue
カテゴリ:チューニング

BNR34 HKS Vカム 

画像 089
以前、サーキットでエンジンを壊されて、エンドレスで2,8Lにされたお客様です。

今回は慣らしが終わったのでセッティングの予定でしたが、前から低回転のトルクが少ないのが嫌だったらしく、どうせだったらと言う事でHKSのVカムを入れる事になりました!

DSCN1407.jpg
Vカムは本当にトルクが太くなり、乗りやすくなります

画像 075
Vカムのカムカバーは無地のアルミですので、基本的にはエキゾースト側のカムカバーと同色に塗ります。

今回はとりあえず無地のままでの取り付けです。

画像 076 
コンピューターに配線を施します。

パワーFCには初めて取り付けますが、基本的には純正コンピューターと配列は同じなので問題ありません。

画像 078
当然ですが、動きました!!

画像 079
まるでノーマルのような負圧です!

アイドリングもかなり安定して調子も良さそうです

画像 077
後はBOSSのスーパーセッティングで激速BNR34の出来上がりです

タービンはTD07S-25Gですが3000rpmぐらいからブーストが立ち上がり、45000rpmぐらいでウエストゲートが開きます

本当に楽しい車に仕上がりました
トラックバック: (0)    コメント: (0)